資産700億円!ナニワの大富豪の芸能界「タニマチ伝説」 葬儀には北島三郎も駆けつけた

資産700億円!ナニワの大富豪の芸能界「タニマチ伝説」 葬儀には北島三郎も駆けつけた

 星野仙一からクラブのボーイまで、あらゆる人間を虜にしてきた大阪の大金持ちが死んだ。「棺を蓋いて事定まる」というが、2000人を葬儀に集められたのは、カネの力だけでなかったようだ。


【ネット給付金】10万円の申請を行ってください。


コクヨの「次世代オフィス」に、“2020年問題”を解くヒントがあった

コクヨの「次世代オフィス」に、“2020年問題”を解くヒントがあった

 どこの会社でも、デザインや設計、制作部門など資料や制作物を抱える部署ほど、自席にモノを山と積んだ“巣”を作りたがるものだ。一般的に、なかなかフリーアドレスを導入しにくい職種だろう。しかしコクヨの「霞が関ライブオフィス」では、設計部門もフリーアドレス席となっている。



「基本的にノートPCで作業しますが、アウトプットをお互いにチェックすることもあるのでモニターを置き、資料を広げられる大型のテーブルにしてあります。資料はすぐそばの書棚に場所を決めて入れてあり、使ったあとは元に戻すのがルールです。このスペースに限りませんが、終業時に使った机を片付けることは声を掛け合って徹底していますし、持ち運び用のボックス、個人ロッカーなども揃えています。名目はフリーアドレスでも、事実上決まった人が決まった席に座ってしまうオフィスもありがちですが、モノと環境、ルールでそうならないように促すようにしています」(ワークスタイルイノベーション部部長 鈴木賢一氏)



 社外の人と協働するためのコワーキングスペースも用意され、その隣には長期間にわたる案件のためのプロジェクトルームも設けられている。各部門の担当者が集まるだけでなく、プロジェクトメンバーであれば社外の人もここで作業することができる。


今すぐ現金譲渡ツールと説明書を無料でメールで受け取る


全国「水道危険度」ランキング!あなたの街は大丈夫?

全国「水道危険度」ランキング!あなたの街は大丈夫?

 あなたの住んでいる街の水道は大丈夫?



 「週刊ダイヤモンド」7月29日号の第2特集「水道クライシス!!」では、全国各地で進む水道管の老朽化と、相次ぐ破裂事故などの状況、さらにそれを補修する財源確保のために水道料金の大幅値上げが必至であるという現状を伝えた。



【136位~1219位までの完全ランキング表はこちら】



 特集では本邦初の「全国水道危険度ランキング」も掲載した。水道料金の水準、水道事業の採算を表す二つの指標(経常収支比率、料金回収率)、市町村の財政の豊かさを表す財政力指数を基に、市町村ごとの水道事業のリスクを算出したものだ。以下にそのワースト1位から135位までを公開する。



 ランキングの方法は下記のとおりだが、詳細な条件については本誌をお読みいただきたい。



ランキングの見方

◆財政力指数以外のデータは、平成27年度地方公営企業決算の経営比較分析表に基づく。

◆末端給水(上水道)事業を手掛ける市町村の事業体(広域水道事業体と、福島県の避難指示区域、ならびに同区域に指定されたことがある地域を除く)をランキング対象とした。簡易水道は対象外。

◆家庭用水道料金、経常収支比率、料金回収率、財政力指数についてランキング対象の事業体を母集団として偏差値を算出した。家庭用水道料金は低い方が、その他の指標は高い方が偏差値が高くなるようにした。その合計値を健全度とした。合計値が大きいほど、危険度が低く、今後水道事業の財政が行き詰まる公算が小さい。合計値が小さいほど危険度が高く、行き詰まる公算が大きくなる。つまり、危険度が高い。小数第2位以下の数値も含めてランキングしている。

 (週刊ダイヤモンド編集部)


【たった1回】“アレ”をするだけでお小遣いGET!?


A8.net、アフィリエイターが専門家から掲載内容のチェックを受けられる新サービス


A8.net、アフィリエイターが専門家から掲載内容のチェックを受けられる新サービス


 

画像

 ファンコミュニケーションズが運営するアフィリエイトサービス「A8.net」は、提携するアフィリエイト参加者が掲載情報の信頼性をチェックできるサービスを開始した。



 アフィリエイトは、自分のブログやWebサイトに掲載した広告から商品購入等の成果が発生すると収入が得られるという取り組みやすさから副業としても人気がある。2017年3月現在、ファンコミュニケーションズの「A8.net」には219万超のアフィリエイトサイトが登録されている。 



 しかし、参加者の中には、薬機法(旧薬事法)や景品表示法などの法律に詳しくない人もいるため、意図せずして法に触れる広告宣伝を行ってしまうリスクがある。こうした状況を踏まえて、ファンコミュニケーションズは、運営するアフィリエイトサービス「A8.net」で、提携するアフィリエイト参加者が掲載情報の信頼性をチェックできるサービスを3月23日から開始した。



 審査はバナーやテキスト、ランディングページなどの審査でも実績があるイー・ガーディアンに依頼し、バナーは200円から、ランディングページ等のWebページであれば3,500円から(※最低取引金額有り)、提携する専門家による薬機法(旧 薬事法)・景品表示法などを基にしたサイト審査や著作権に関するチェックが受けられる。抵触の可能性がある箇所の指摘、代替表現案の提案、関連法規などの共有を受けられるので、アフィリエイト参加者のコンテンツの信頼性と品質向上につながる。



 「A8.net」はこのサービスを通じて、年内1万サイト以上のアフィリエイトメディアのサイトチェック利用を目指す。



※ 最低定取引金額:5万円(初回のみ)



MarkeZine編集部[著]


毎月最低20万円の収入をシステムに任せて稼ぐ


政府も後押しをスタート!? 3人に2人がやりたいと思っている副業・兼業ってどんなこと!? 


政府も後押しをスタート!? 3人に2人がやりたいと思っている副業・兼業ってどんなこと!? 






最近、副業や兼業でお小遣いを増やしている人が増えているってご存じですか!? 政府も年度内に「モデル就業規則」内の副業・兼業禁止規定を「原則容認」に転換すると発表し、働き方の改革を推進しているのだとか。そこで今回はみんなの副業・兼業事情をチェック!




人材紹介事業を運営する株式会社UZUZが、20代の就活経験のある男女101人に行なった調査によると、会社に勤めながら副業・兼業をしてみたいと思っている人は約3人に2人(68.5%)と判明。さらに政府が推進する働き方改革による副業・兼業の容認を賛成する人は9割を超えることがわかりました。




では実際に副業・兼業をしたことがある人はどれくらいいるのでしょう。




■これまでに、正社員として会社に勤めながら副業・兼業をしたことがありますか?

・副業・兼業をしたことはない  86.4%

・副業・兼業をしたことがある  13.6%




<副業・兼業経験者への質問>

■副業・兼業をした当時、会社では副業・兼業が許可されていましたか?

・許可されていた  44.4%

・許可されていなかった  55.6%




■副業・兼業をしていた当時、副業・兼業のみで月にどのぐらいの収入を得ていましたか?

・5万円未満 女性100.0%/男性71.4%

・5万円以上10万円未満 男性14.3%

・20万円以上 男性14.3%




こうしてみると、副業・兼業をしたことがある人は1割ちょっと。そのうち半数以上が会社に内緒で行なっていることがわかりました。また当時の副業・兼業収入は、女性の全員が「5万円未満」、男性も7割以上が「5万円未満」ということが明らかに。ちなみに平均月収額は4万1,000円、最小月収額は1万円、最大月収額は20万円でした。




では実際はどんな副業・兼業が人気なのでしょう。







人気の副業・兼業……かなり男女差があるようです。




 




まず、副業・兼業をしたいと思う理由から尋ねてみると、最も多かったのはやはり「収入を増やすため」で男性31.0%、女性36.9%。次いで「趣味を仕事にしたいため」で、男性18.6%、女性23.1%でした。また「人脈をつくるため」は、女性が3%程度だったのにもかかわらず、男性は12%以上となり、男女差がかなり大きいことがわかりました。




■副業・兼業をしたいと思うのはなぜですか?

【男性】

1位 収入を増やすため(31.0%)

2位 趣味を仕事にしたいため(18.6%)

3位 本業では感じられないやりがいを感じるため(14.2%)

4位 本業以外のスキルを身につけるため(12.4%)

4位 人脈をつくるため(12.4%)




【女性】

1位 収入を増やすため(36.9%)

2位 趣味を仕事にしたいため(23.1%)

3位 本業以外のスキルを身につけるため(16.9%)

4位 本業では感じられないやりがいを感じるため(10.8%)

5位 本業のスキルアップなど相乗効果を見込めるため(7.7%)




さらにどんな仕事に興味があるかを尋ねてみると、女性は「ライター」や「デザイナー」が多く、男性は「アフィリエイター」が最も多いことがわかりました。




■もし今後、副業・兼業をするとしたら、どのような仕事に興味がありますか?

【男性】

1位 アフィリエイター(19.0%)

2位 販売職・サービス業(15.2%)

3位 プログラマー(14.3%)

3位 ライター(14.3%)

5位 不動産関連業(賃貸オーナーなど)(9.5%)

6位 事務職(7.6%)

6位 営業職(7.6%)

8位 デザイナー(6.7%)




【女性】

1位 ライター(27.3%)

2位 イラストレーター(13.6%)

2位 デザイナー(13.6%)

4位 不動産関連業(賃貸オーナーなど)(12.1%)

5位 事務職(10.6%)

6位 販売職・サービス業(9.1%)

6位 アフィリエイター(9.1%)

8位 営業職(3.0%)




ではみんな副業や兼業でどのくらいの収入を求めているのでしょう。自由回答で尋ねてみると、最も多かった回答は女性が「1〜9万円」で約4割、男性は「10〜19万円」で約3割でした。




■もし今後、副業・兼業をする場合、どのぐらいの収入を得たいと思いますか?

・1〜9万円  女性39.5%/男性21.1%

・10〜19万円 女性20.9%/男性29.7%

・20〜59万円 女性16.3%/男性12.3%

・60〜99万円 女性7.0%/男性5.3%

・100〜499万円 女性14.0%/男性22.8%

・500万円以上 女性2.3%/男性8.8%




ちなみに平均希望額は70万円、最少額が1万円、最大額はなんと700万円!でした。




こうしてみると、副業・兼業に興味はあるけど実際にできていない人が多いことがわかります。今後政府や企業からの後押しがあれば、副業・兼業は始めやすくなり、個人の活躍の場はかなり広がりそうですね。




【期間限定】98000円のDVD丸ごとプレゼント!